白いねずみ

コウモリの習性

古い木造

コウモリ駆除と日本の歴史

空を飛ぶ動物は広範囲にウイルスを撒き散らすだけでなく、建物内を自由に移動する点が大変危険です。コウモリのような害獣が医療施設や商業施設に侵入した場合、そこにおられる大勢の人達に被害をもたらす可能性があります。現在、日本にはコウモリ駆除を専門的に行なってくれる業者が存在していますので、仕事を依頼するようにしましょう。コウモリと言えば「ドラキュラ」のイメージがあり、西洋に生息する害獣と思いがちですが、古くから日本でも姿が目撃されています。日本では平安時代に書かれた文献に、コウモリに該当する動物について記述されています。日本で暮らす以上、コウモリ被害とそれに伴うコウモリ駆除は免れませんので、覚えておきましょう。

コウモリは法律によって守られている。

コウモリと言えば洞窟や木の洞に棲み付く動物として知られていますが、一方近年では人間の住居に侵入して内部を荒らす「コウモリ被害」が多様な場所で報告されています。日本に生息するコウモリは体格が小さく、数センチの隙間から簡単に侵入します。そのため、換気扇から飲食店の中に入り込むコウモリも珍しくありません。一方コウモリは法律によって保護されている存在ですから、私達がみだりにコウモリ駆除を行う事はできません。こうした時にコウモリを追い出したい場合、コウモリ駆除を専門的に請け負っている業者に仕事を依頼するようにしましょう。コウモリ駆除を行う場合、コウモリが撒き散らす「菌」にも気を付ける必要がありますから、今後はコウモリ駆除業者に仕事を依頼する人達が増えて行くでしょう。