白いねずみ

被害の社会問題化

農薬

ねずみ駆除には蓋をする事が大切

野生動物は減っていますが、その一方でねずみやカラスなどが増えて、いろいろなトラブルになり社会問題になっている状況です。カラスなどはゴミの日にネットなどをかぶせて、ゴミがつつかれないように対策をしていますが、ねずみ駆除の対策をしている住宅は多くないのです。ここではねずみ駆除には、どうしたら効果的なのか紹介していきます。 住宅にできる、ねずみ駆除で最大のメリットがあるものは、ねずみを侵入させない防護柵をつくる事です。防護柵というと大きなものをイメージするかもしれませんが、ねずみが侵入しないように隙間を埋めるようにするという事です。ねずみは小さいため、少しの隙間でも侵入してくるのです。ですから、徹底的に隙間という隙間は蓋をしてしまうのが効果的です。

部屋や庭に隠れる場所を作らない事が重要

隙間を埋めるには、小さい隙間にはパテが使い勝手が良いです。大きな穴にはたわしなどが適切です。ねずみ駆除として侵入経路をふさいだら、次はねずみの餌となるものを部屋に置かないという事になるのです。食べ物を部屋におきっぱなしにしないというだけでなく、床におちているゴミなども掃除しておく事が大切です。 またねずみは隠れながら行動する性質があるため、隠れる場所を極力作らない部屋作りをするというのも重要です。また部屋の中はスッキリさせておいても、庭やベランダに隠れる場所があるのも要注意です。庭にも余分なものは置かないようにして、見通しをよくする事が大切です。このようにねずみ駆除には、そもそもねずみが住みにくい環境を作る事が重要なのです。