白いねずみ

コウモリの習性

古い木造

コウモリは、広い範囲にウイルスをまき散らすだけでなく、空以外の建物内も自由に飛び回ります。古い時代から洞窟などに住んでいるコウモリですが、最近は家庭の住居にも住み着く習性が見られます。

Read more

被害の社会問題化

農薬

近年、野生動物の数が少なくなっていますが、ネズミやカラスなどは増加していっています。ゴミを荒らしたり、住宅のキッチンを荒らしたりと被害は社会問題にもなっています。まずは、隙間などを埋め侵入を防ぎましょう。

Read more

侵入口を防ぐ重要性

スプレー

スズメバチ駆除はこちらに依頼しませんか?いつでも迅速に対応してくれますよ。刺されたりする被害に合う前に、すぐに連絡してください。

放置すると自宅が脆くなってしまうシロアリの被害拡大を防ぐなら、プロによる駆除が大切ですよ。一匹でも発見したら相談しましょう。

アライグマはペットとして人気があり、輸入されて日本にやってきました。しかし飼いきれずに捨てられたり、逃亡したりするアライグマが野生化し、その数も増加しています。アライグマの大きさは約60〜100cmで姿はタヌキに似ていますが、しま模様の尾が特徴で夜行性の動物です。野生化したアライグマは住宅地に出没し畑の野菜や果物、ゴミ箱等を荒らすようになっています。民家の天井裏や納屋等に住み着いて巣を作り子供を育てることがあり、人間への被害は拡大しています。アライグマは建物の天井裏等に糞や尿を繰り返してする為、ダニやノミの発生を招きます。またアライグマに寄生するアライグマ回虫に人間が感染した場合は、重症の脳障害を発症する恐れがあります。

人間に被害をもたらすアライグマを建物から追い出す方法として、1つ目は天井裏等に、害虫や害獣駆除用の燻煙剤を焚いて追い出す方法です。木酢液やハッカ油等の忌避剤を使用する方法もあります。2つ目はわな等を使って捕獲する方法です。アライグマの捕獲には都道府県や市町村へ駆除の申請が必要になります。何故ならアライグマは特定外来法という法律で保護されていて、勝手に捕獲や処分をすることが禁止されているからです。駆除した後は、再び侵入して来ないように建物にある隙間を塞いでおくことが重要です。侵入口を塞ぎ、エサとなる食べ物を放置しないことが被害を防止する為の対策です。個人での駆除が難しい場合は駆除業者に相談することも1つの方法です。

害獣を駆除して暮らしの安全と快適を守りましょう!こちらの業者にアライグマ駆除を頼めば、アフターケアも万全です。

ネズミの捕獲方法

営業電話

ネズミは昔から、家に住み着く習性があります。ネズミに悩む家庭も多く、様々な駆除が行われてきました。最近では、ネズミ捕りの罠以外にも、粘着シートなどで捕獲することができます。

Read more
     

オススメリンク